TO-B Advertisement

可愛い手提げ袋はオリジナルで作れる|顧客のハートを鷲掴み

費用対効果が高い宣伝

消費者へのダイレクト効果

手提げ袋

スーパーや雑貨販売などのサービス業で宣伝効果を高めるために、インターネット広告やテレビCM、ラジオCMなどメディア戦略はこれまでも行われてきました。
これらのメディア戦略は企業アピールのための効果はありながら、直接的な収益となるのは難しいでしょう。
多くの人に知ってもらうには、地域の新聞折り込みに日曜祭日の特売チラシを活用するのが効果的です。
しかし近年では、新聞を取らない世帯も多く、とくに40代から下で新聞を全く見ないという世帯も多くなり、効果が低くなっていると言われています。
費用を抑えて効果を上げる宣伝方法に、手提げ袋を活用した方法があります。
スーパーや百貨店で商品を購入した後、ビニールや紙でできた買い物袋に社名を印刷したり、袋の中にチラシを入れたりすることです。
スーパーでは、コスト削減から買い物袋の配布を中止している企業もあり、マイバッグを推進することもあります。
しかし、万引きが増える傾向が見られるほか、お買い物の量が減るという現象もみられるようです。
確かにコストが掛かりますが、不要なバッグの持ち込みが少なくなり、万引きが抑止できる効果があり、袋に印刷した社名が消費者にイメージを植え付けます。
高級スーパーの中には、手提げ袋が紙製で防水加工が施されていることもあるようです。
買い物以外の活用方法があり、宣伝効果が自然と高まるといわれており、手提げ袋がメディア戦略以上の効果をもたらすと考えられています。
手提げ袋の中に特売チラシを入れることは、リピート率において折り込みチラシ以上となるでしょう。

オリジナル品による広告

レディ

お店や会社を経営していると、いかにしてクライアントにそれを認識してもらうかが大きなテーマとなります。
そのための方法が広告ですが、一般的に広告と聞くとテレビCMや新聞の折り込みチラシなどをイメージすることが多く、お金がかかるものと思われがちですが、それ以外にも様々な方法が存在します。
今回取り上げるのはノベルティグッズを用いた方法で、その中でも効果的なものが手提げ袋による広告です。
手提げ袋の用途は、物を入れて持ち運ぶことにありますが、大きなものであれば人目に付くことから意外とそこに書かれた文字やデザインは目立つものです。
そこで、手提げ袋に自分のお店や会社の広告をプリントして配布することによって、思った以上に多くの方に見てもらうことができるようになります。
また、丈夫な手提げ袋は一度使って終わりということはなく、何度も繰り返して使ってもらえるものですので、そのたびに広告効果が発揮できることも大きな魅力です。
インターネットで検索すれば、オリジナルの手提げ袋を製作してくれる業者は数多く見つかりますので、まずはそういったところにコンタクトしてみるのがよいでしょう。
もし自分には絵心がなく素敵なデザインが思いつかないという場合であっても、業者の方でパターンを用意していたり、コンサルティングを行っているところもありますので、イメージに合ったよいデザインに出会えるはずです。
目立たせるために奇抜なものにする必要はなく、自然体で人目に止まるようなものにするとよいでしょう。

プロの専門業者を活用

男性

宣伝ツールとして手提げ袋を活用した企業アピールが注目されています。
購入者が持ち歩くことで宣伝効果を発揮するので、多くの人の印象に残るデザインであることが重要です。
街中を歩く人々の目に確実に留まるものでなければ宣伝ツールとしての役割を果たしていないからです。
購入者は手提げ袋を気にいれば何度でも利用します。
チラシやダイレクトメールとは異なり、何かしらの用途で使いまわすため宣伝回数は増加していきます。
手提げ袋を持ち歩く場所はバスや電車・テーマパーク・観光地など様々です。
低コストで人目に留まる回数がこれほど多い宣伝ツールは他にはないので、多くの企業に支持されています。
また手提げ袋の制作は個人では難しいのでプロの専門業者に依頼することになります。
企業としてアピールしたいイメージ・使いたい色・サイズ・デザインなど業者と時間を掛けて打ち合わせをします。
デザインに関しては業者と話し合って決める或いは専門のデザイナーに依頼して手提げ袋の業者に持ち込むことになります。
デザイナーに依頼しない場合でも専門業者は豊富な経験を持っているため、プロの観点から多彩なデザイン提供と多角的なアドバイスを実施しています。
殆どの業者はサンプルを送付しているので、大量製造の前に色・手触りを確認することが可能です。
デザインが良く、耐久性に優れたものほど消費者には好まれます。
普段使いしやすいデザイン・個性的過ぎない・可愛いなど、街中で見かけた人が欲しくなる手提げ袋に仕上げることが大切です。

素材選択の重要性

印刷機

オリジナル手提げ袋はネット上で注文できるので、宣伝用に作る際もネット受注に対応する業者に依頼すると良いでしょう。一口に手提げ袋といっても素材の選択肢は様々なため、商品内容や配布時の環境なども考慮して適切なものを選択する必要があります。

もっと読む

幅広い広告効果が見込める

印刷

オリジナルの手提げ袋は、もらった人のみならず多くの人の目に入る可能性が高いので、高い広告効果が見込めます。繰り返し使ってもらえる可能性が高いという特徴もあります。コストが安く、ネットショップで簡単に作成することができます。

もっと読む

ツールで宣伝する方法

紙袋

手提げ袋は効果的な販売促進ツールです。デザインに趣向を凝らした物であれば持っているお客様以外にも周囲の人々にアピールとして有用と言えます。またブランドとして価値を高める手段の一つとして手提げ袋を活用することが出来ます。

もっと読む