TO-B Advertisement

可愛い手提げ袋はオリジナルで作れる|顧客のハートを鷲掴み

ツールで宣伝する方法

なぜ企業は力を入れるのか

紙袋

ネットを使用した宣伝や広告以外にも効果的に宣伝する方法があります。
それはオリジナルの手提げ袋です。
オリジナルの手提げ袋は、消費者に袋に印字されているロゴなどのデザインやブランドを認知してもらう機会となります。
加えてデザイン性の高い手提げ袋はソーシャルネットワークサービスでも取り上げられやすく、消費者以外の多くの人の目に留まりやすくなります。
特におしゃれな手提げ袋は、手元に置いてプレゼントを送る際に使用されるような日常使いにも取り入れられ、ブランドを利用したお客様だけでなく、多くの人の目に留まる頻度や時間が格段に高くなります。
発展途上のブランドであれば、より認知度を高め、きっかけを作りリピーターを増やす方法としてオリジナリティーのある手提げ袋を作成するのは効果的であると言えます。
数量が少ない場合でもオリジナルの手提げ袋の作成が可能となっています。
袋のサイズや素材、印刷の内容を含めて見積もりの内容を確認します。
デザインにより入稿のデータがある場合は、見積もり後に入稿のデータが必要になる場合もあります。
データの形式が決まったものである場合もあるので確認した方が良いでしょう。
仕上がりや見積もり内容を了承できる内容であれば、正式に注文となります。
振り込みが完了し、量産が出来次第、実際に納品となります。
手提げ袋は企業自体のアピールにもなりますし、ブランドとしての価値を底上げできる道具にもなり得ます。

差別化を図るデザイン

手提げ袋

衣料品・雑貨店の宣伝において近年特に人気なのが手提げ袋です。
宣伝にはCMやチラシ配布・メールマガジンなどがありますが、CMは膨大な宣伝費が必要です。
またチラシ・メールマガジンは抵コストですが印象に残りにくいのがデメリットです。
しかし手提げ袋は低コストでありながらステイタスを感じることができるので消費者に人気です。
自宅に保存するだけでなくその後もサブバッグやエコバッグとして持ち歩くので、宣伝効果はチラシやメールマガジンより大きくなります。
この傾向は若い女性に限らず老若男女に共通しています。
手提げ袋の材質は紙製・ビニール製・不織布が多く、その中でも耐久性に優れた不織布は安くて長持ちするので人気です。
手提げ袋を宣伝ツールとして活用することのメリットは、デザインが良くステイタスを感じられる手提げ袋は消費者が大切に利用し、何度も外出時のサブバッグとして利用するため宣伝効果が高いことです。
またお店側は低コストで制作できる上に、長く宣伝してもらえることになります。
手提げ袋のデザインはお店のロゴだけでなく必ずオリジナルデザインであることも重要です。
ブランドイメージを反映し、消費者の目に留まることで宣伝効果が現れます。
手提げ袋は当然、様々なサイズを用意する必要があります。
商品にピッタリサイズの手提げ袋を好む来店者も多いからです。
デザイン・色を統一してブランドイメージを固めと、消費者の印象に残りやすくなります。

デザインを重視する

紙袋

広告、販促ツールはいろいろありますが、紙袋は広告効果が高いものの1つです。
紙袋は顧客が移動の際に持ち歩くことがあり、多くの人の目に触れます。
自社のロゴや自社名、アクセスしやすく、わかりやすいウェブサイト名等を記載しておくと、顧客だけでなく、その広告を見て気になった人はその場でスマートフォンから検索をすることもありえます。
ただ荷物を運ぶだけの手提げ袋と異なり、広告が入った手提げ袋はいろいろな場所で広告効果を高めてくれます。
顧客の手に渡ってから一度だけの使用に終わらないよう、何度もその手提げ袋を使ってもらうことを目指しましょう。
捨てるのがもったいなくなるような、高品質な紙袋を作る必要があります。
オリジナルの紙袋は、紙の質から素材、デザインまで思い通りに製作することができますので、中に入れるものに合わせた紙袋を作るようにしましょう。
営業担当者が顧客先に持っていく資料を入れる紙袋やお客様に渡す品物を入れる紙袋など、中に入れるものに合わせた手提げ袋を選ぶことが大切です。
手提げ袋として最も重要である、しっかり荷物を入れて、中の重さに耐えることのできる素材であることはもちろん、雨などにも強いコーティング素材であると安心です。
しっかりしていて綺麗なデザインであると、サブバックとして使ってもらえることも多々ありますので、デザインや質をしっかりと考慮したうえで手提げ袋を制作してください。
顧客が何度も繰り返し使いたくなるようなデザインにすることが大切です。

素材選択の重要性

印刷機

オリジナル手提げ袋はネット上で注文できるので、宣伝用に作る際もネット受注に対応する業者に依頼すると良いでしょう。一口に手提げ袋といっても素材の選択肢は様々なため、商品内容や配布時の環境なども考慮して適切なものを選択する必要があります。

もっと読む

幅広い広告効果が見込める

印刷

オリジナルの手提げ袋は、もらった人のみならず多くの人の目に入る可能性が高いので、高い広告効果が見込めます。繰り返し使ってもらえる可能性が高いという特徴もあります。コストが安く、ネットショップで簡単に作成することができます。

もっと読む

ツールで宣伝する方法

紙袋

手提げ袋は効果的な販売促進ツールです。デザインに趣向を凝らした物であれば持っているお客様以外にも周囲の人々にアピールとして有用と言えます。またブランドとして価値を高める手段の一つとして手提げ袋を活用することが出来ます。

もっと読む