TO-B Advertisement

可愛い手提げ袋はオリジナルで作れる|顧客のハートを鷲掴み

幅広い広告効果が見込める

低コストで高い効果

印刷

宣伝のための有効な方法として、オリジナルグッズの配布があります。
そのオリジナルグッズの中でも、手提げ袋は、高い広告効果が見込めるものです。
なぜなら、手提げ袋はもらった人の目に入るだけではないからです。
もらった人がそれを持ってあちこち移動するので、行った先々でその手提げ袋が多くの人の目に入ることになります。
つまり、渡した人が自然と広告塔の役割を果たしてくれるのです。
センスのいい、印象的な手提げ袋を作れば、それだけで多くの人の目にとまる可能性があるのです。
さらに、多くの人は、気に入った手提げ袋であればとっておいて繰り返し使用します。
つまり、そのたびごとにまた新たな広告効果が得られる可能性があるのです。
また、オリジナルの手提げ袋を作っておけば、他のグッズや資料などの荷物を入れてお客様や取引先に渡すのにも便利ですし、気が利いている印象を与えることもできます。
手提げ袋は作成のコストが安いという利点もあります。
さらに、通常たくさん作るほど一枚当たりのコストは下がります。
たくさん作っても、軽くてかさばらないものですので保管の負担がありませんし、機会があるごとに使うことができます。
ネットショップ経由で簡単に作成できるところも手提げ袋の大きなメリットです。
本体の材質やサイズ、印刷のタイプ、手提げひもの種類や付け方など、多くのバリエーションがある中から、用途や予算に応じて最適な組み合わせ、デザインで作ることができます。

印象的な色やデザイン

印刷

個人商店で商売繁盛を目指すためには宣伝がとても大切です。
今はネット時代なので個人商店でもネット通販を通じて販売ルートを全国的に広げることは可能です。
そうでない個人商店の場合は、顧客を手放さない工夫が必要になります。
そのためには宣伝のための色々な方法を取り入れる必要がありますが、特に効果的なのが紙製の手提げ袋です。
顧客が商品を購入した時に手提げ袋を持ち歩くので宣伝になります。
宣伝力をアップさせるには、手提げ袋のデザインを印象的にします。
手提げ袋にも色々な大きさや形があるので、ネット上で専門の制作会社のホームページを見ます。
ホームページには色々なサンプルが掲載されているので、気に入った手提げ袋が見つかれば費用や個数などを相談しましょう。
ホームページには会社の連絡先電話番号が出ていますし、注文用フォーマットが用意されています。
それらを利用して、必要な個数や値段について相談をします。
掲載されているのはあくまでもサンプル品なので、自分のお店のロゴなどをどのように入れることができるかなども打ち合わせをする必要があります。
部数が大量の場合は、制作会社のスタッフに来店してもらって直接打ち合わせをすることになります。
また自分から制作会社へ出向いて打ち合わせすることもできます。
その時には色やデザインのアイデアなどを持参すると、具体的に話が進みやすくなるでしょう。
注文する時には納期と代金の支払い方法などを確認します。
また同じ手提げ袋を追加注文する時の方法などもチェックしておきます。

宣伝のコスト

印刷

企業の宣伝として、街中などに広告などを出すことはどうしても高めのコストがかかってしまいます。
特に大きなものであるほど、人目につきやすくなりますが、その分だけそれを制作する分の負担を強いられてしまいます。
なので、できるだけコストがかからない宣伝方法として、手提げ袋の作成にさまざまな企業の注目が集まっています。
手提げ袋とは文字通り手に提げて使う袋のことですが、この手提げ袋は持ち運びも楽でいろいろなものを収納できるので、多くの一般の人たちが愛用しています。
これだけでは、宣伝効果がないように思われますが、この手提げ袋の表面に宣伝したい企業や会社のロゴや商品の絵を印刷しておくことで、その表面が待ちゆく人の目に留まり興味を持ってもらえるようになります。
これにより、手提げ袋の作成のコストだけで確実な宣伝効果を発揮することができます。
さらに使いまわされるほどのデザインの手提げ袋であれば、より高い宣伝効果が期待できます。
手提げ袋を持った人が何回もそれを使い続けることで、それを見かける人の数も増え続け、なかには興味を持つ人も出てくるでしょう。
これは、長期的な宣伝を行うことにもなります。
こういった手提げ袋はいろいろな企業も幅広く利用しており、業者によっては大企業の手提げ袋を専門に請け負っているところもあります。
業者に作成を依頼することで、サイズや紙質を選択することもでき、企業が作っている商品を収納するのに、ピッタリの手提げ袋も作り上げることも可能です。

素材選択の重要性

印刷機

オリジナル手提げ袋はネット上で注文できるので、宣伝用に作る際もネット受注に対応する業者に依頼すると良いでしょう。一口に手提げ袋といっても素材の選択肢は様々なため、商品内容や配布時の環境なども考慮して適切なものを選択する必要があります。

もっと読む

幅広い広告効果が見込める

印刷

オリジナルの手提げ袋は、もらった人のみならず多くの人の目に入る可能性が高いので、高い広告効果が見込めます。繰り返し使ってもらえる可能性が高いという特徴もあります。コストが安く、ネットショップで簡単に作成することができます。

もっと読む

ツールで宣伝する方法

紙袋

手提げ袋は効果的な販売促進ツールです。デザインに趣向を凝らした物であれば持っているお客様以外にも周囲の人々にアピールとして有用と言えます。またブランドとして価値を高める手段の一つとして手提げ袋を活用することが出来ます。

もっと読む